30代の美肌ケア

30代の美肌ケアとは?

肌の状態が変化してくる年代が30代です。今までなんとなくのスキンケアで美肌を保ってこれたけど、なんだか最近調子が悪い、今までのスキンケアが通用しなくなってきたなと思う30代の方も多いのではないでしょうか?

フェイスラインのたるみや紫外線によるシミなど20代では感じなかった肌トラブルがもうそこまで迫っているのかもしれませんよ。30代からエイジングケアを積極的におこなってより若々しい肌を手に入れましょう。

でも、具体的に30代の美肌ケアって何をすればいいのか迷ってしまう人もいると思います。
今回は30代の女性がやった方が良い美肌ケアを紹介したいと思います。20代から肌質の変化を感じて来たらぜひ実行してみてください。

保湿が大事


肌の潤いは一般的に20代前半が最も潤っているといわれています。その後は肌のヒアルロン酸やコラーゲンの量も減っていき肌の乾燥が気になりだしてくるのが30代というわけです。40代になるとそれに加えてホルモンバランスなども乱れてくるのです。乾燥肌が進むとシミやシワの原因にもなるので30代になったら積極的な保湿対策が必要になってきます。
ちなみに肌の水分量は測定器で測ることも可能です。気になる方は一度自分の肌がどれぐらい乾燥しているのかを調べてもらいましょう。
肌の水分量を正常に保つには水分と油分の適切なバランスをとることも大切です。油分を取り過ぎない洗顔を心がけましょう。
また、体内の美肌成分などが足りない場合はサプリメントなども有効だと思います。
コラーゲンやプラセンタ、アミノ酸など美容成分配合のサプリやドリンクで足りない成分を補っていきましょう。

たるみ予防


年齢と共にコラーゲンの減少や変形によって肌のハリがなくなってしまいます。弾力を失った肌は目元のたるみや深いほうれい線のシワ、頬からアゴにかけてのフェイスラインのたるみなどにつながっていく場合もあるのです。
たるみは化粧品や美容サプリなどで予防していくことが大切です。

日々の努力が大事

美肌ケアのために良いスキンケア用品を買ったり、美肌ケアに効くサプリメントを買ってもライフスタイルが乱れたりしていると、肌トラブルが出てきてしまうものです。

ただ、仕事が忙しかったり、睡眠時間が乱れたり、仕事や育児でのストレス、食事での栄養不足や栄養の偏りが起こってしまうことがあります。
特に忙しいときは美容に関心がなくなってしまうことも…

そうなったときは一度立ち止まって、できる範囲でライフスタイルを改善していきましょう。
一日の中で落ち着く時間(お風呂)などをつくったりしてみてもいいと思います。
無理をしない範囲で自分ケアをしていきましょう。

 

サイトマップ