コラーゲンとアミノ酸

コラーゲンとアミノ酸の関係とは?

コラーゲンは美しくいるため、若々しくいるために大切な成分です。様々な美容サプリメントなどにコラーゲンは配合されています。また、日頃食べている食事の中にもコラーゲンが豊富な食材はたくさんあります。
そしてコラーゲンと共に大事なのがアミノ酸です。アミノ酸は我々が生活していく上で欠かせない成分です。

コラーゲンはたんぱく質なのですが、たんぱく質という事はアミノ酸で構成されているのです。
すっぽん小町というコラーゲンサプリではアミノ酸が豊富に含まれているのが特徴です。アミノ酸をたくさん摂取することは体内のコラーゲンの増加につながるのでしょうか?

体内のコラーゲンは年齢と共に減少していくといわれています。コラーゲンは皮膚の水分量やハリ、ツヤを維持するために重要な役割を果たしています。コラーゲン量を増やすことは若々しくいるために大切な栄養素なのです。

アミノ酸を摂るとコラーゲンが増える?


実はコラーゲンを経口摂取しても多くのコラーゲンがアミノ酸に分解されてしまいます。じゃあコラーゲンを含んだ食事やサプリメント摂取しても意味がないのかというと、アミノ酸の一部は再構成されてコラーゲンの原料として使われることがあるそうです。
コラーゲンを構成しているアミノ酸の種類は数十種類と言われていて多くのアミノ酸によって作られています。
主なアミノ酸の構成成分は『グリシン』、『プロニン』、『アラニン』、『ヒドロキシプロリン』などですが、その中でも再構成するアミノ酸はグリシンやプロリンだといわれています。

アミノ酸の摂取とコラーゲンは関係がある

摂取したアミノ酸がコラーゲンの材料として再利用されることがあることが分かりました。つまり食事の中やサプリメントでアミノ酸を積極的に摂取することは意味があると言えそうです。
すっぽん小町にはアミノ酸が豊富に含まれているのでコラーゲンが増えるという事に繋がっても不思議ではないですね。
ただし、せっかく再構成されたコラーゲンもすべて肌のコラーゲンとして使われるわけではありません。肌のコラーゲンになる前に血管や骨に使われる場合もあるのです。
もちろん健康面からみれば血管や骨などに使われることは意味があることですが、少しでも美容面で効果を出したい場合は継続的に摂取し続けることが大切でしょう。

コラーゲンを意識して食事やサプリメントを摂取する場合はコラーゲンとアミノ酸のバランスや種類を考えて摂ることが大切です。うまく摂取して潤いのある生活を目指しましょう。

 

サイトマップ